人気ブログランキング |

ともえぶ momitan.exblog.jp

日記


by もみたん
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

私の場合

去年の9月の周期に私はA君を授かりました。
治療中、色々なサイトで不妊治療の記事を見て参考にしていたので・・・
1年前を振り返り、この記事で誰かの役に立てれば~と思います。

血液検査→MRI検査→卵管造影検査→フーナー検査→フーナー検査→
精液検査→抗精子抗体検査→AIH
上のような検査の順ですすめました。
(卵チェックと、血液検査は毎月のようにやってました)
まずわかったことは高プロラクチン血症。排卵障害。卵管異常なし。
フーナーゼロ。フーナー不合格。精子抗体マイナス。

飲んだ薬は
デュファストン、カバサール、プラノバール、セロフェン。
あと、黄体ホルモンの注射をしていました。



↓これは妊娠周期の基礎体温です。
e0067674_21295274.jpg


治療するまでは、基礎体温はなかなか2層にならず・・・
どうしてかな?と思っていたら高プロが判明。
カバサールを飲むとスグに効果が出て、2層性になりました。
「排卵は体温が下がった時にする~」とよく言われていますが
私の場合は下がった日から2日後あたりが排卵のようで
毎月のタイミング指導も最低体温から2日後でした。
矢印がA君が着床したAIH日です(周期16日目)。
AIHを行う直前に卵チェックをするのですが、
この時には排卵済となっていました。
私は「AIHは排卵前にするもの」と思っていたので、
このときは失敗だと、かなり凹みましたが
コレが着床していたのは排卵直後だったか、
自分ではわかりませんが排卵後のAIHで妊娠出来たことは事実です。
(もし、排卵後のAIHで落ち込んでいるヒトがいたら希望を捨てずに☆)
AIHから13日後、早期妊娠検査薬で陽性。
3週間後から茶オリと少量の出血があり、
痛みがなかったため気にしないようにしていました。
4週間後、介護の仕事をしていて利用者さんを抱きかかえると同時に大量出血。
病院に駆け込み、切迫流産と診断され安静の指示が出ました。
仕事を辞め、穏やかに過ごして、妊娠3ヶ月の時に自然と出血も落ち着きました・・・。
妊娠4ヶ月まで胎盤が良くない場所にあると言われて、
子宮が大きくなるにつれ正常な位置に。
その後は比較的順調な妊婦生活を過ごせました。

今、治療中の方々に、少しでも早く赤ちゃんがやってきてくれることを祈ってます。
by tomomi49860 | 2008-09-19 21:59 | 不妊治療 | Comments(0)